不動産(オフィス)用語集
競売(けいばい)
競売とは不動産の担保権を持つ債権者が裁判所に申し立て、債務者の不動産を競争入札の形式で売却しその代金を債権の弁済にあてる方法。⇒任売
一般的には「きょうばい」と読み、競売に関係する人たち(法曹界など)では「けいばい」というのが慣わしです。
山口ホーム